「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんは大きな怪我をしたことがありますか??大きな怪我のなかに骨が折れたり、関節が外れたりすることがあります。これらの怪我の後に出てくる痛みについてお話ししていきます。

骨が折れたり関節が外れたことがある方はお分かりだと思いますが、必要に応じて骨の位置を正しい位置に戻す「整復」を行った後に、骨が動かないように「固定」を行っていきます。必要期間この固定を行ってから固定を外していきますが、固定期間が終了した後に出てくる症状があります。それが可動域制限です。可動域制限というのは、固定して動かさない期間が長いために、筋肉や関節周りの組織が緊張してしまい、動きの幅が狭くなってしまうことです。この可動域制限が出てしまうと、それ以上に動かそうとした時に痛みを出してしまうことが多いです。痛みが無くても可動域制限を放っておくと、その周りの筋肉に負担が掛かり、別の場所の痛みを誘発してしまう原因にもなり兼ねません。骨が折れたり関節が外れた後は可動域が戻って初めて症状が落ち着いたと言えるのです。

当院の施術は深部の筋肉にアプローチするので、筋肉の柔軟性を引き出し可動域の増大を期待できます。もし骨が折れたり、関節が外れた後に動きが悪くなったと自覚がある方は動きの幅をしっかりと広げられるように、一度施術を受けられてみてはどうでしょうか??

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP