「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

インフルエンザの猛威に備えて、須磨板宿整骨院のスタッフ一同予防接種を終えてきました。体調管理にはくれぐれも気をつけようと思います。咳をしたりすると、関節が痛くなったりしたことはありませんか?そのような状態の時には骨が脆くなっている可能性があります。

骨が脆くなっていることとは、骨の中の空洞の部分が隙間だらけになり、骨が丈夫とは程遠い状態になっていることを指します。骨が脆くなってくると、階段でこけそうになった、ルミナリエなど人通りで肩どうしがぶつかったなどの衝撃で骨が折れてしまいます。年齢を重ねるごとにリスクが増えてくるでしょう。

 

そのようなリスクを回避するためには食事による方法が有効です。具体的にはカルシウムを多く摂取することが良いです。カルシウムが多く含まれる食品は、牛乳、チーズ、ヨーグルト、豆腐、油揚げ、納豆、いわし、ひじき、ししゃも、しらす、わかめ、小松菜などです。どれもスーパーなどで簡単に購入することが出来ます。吸収効率などもありますから、そのあたりのことも考えながら、摂取すると骨が脆くならずに対策出来るでしょう。食事から身体のことを変えていくことは知識も必要ですし、手間もかかりますが、未来のご自身の身体のためにひと肌脱いでみませんか?

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP