「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

忘年会や新年会で皆さんの肝臓は疲れていませんか?肝臓が疲れると、身体のいたるところが制限を受けます。例えば、肝臓の役割の一つに、解毒作用がありますので、アルコールを分解してくれる力があります。他にも肝臓の役割は数多く存在します。ですので、飲み会の場では、肝臓を労わる習慣を持っておかれたら良いでしょう。

 

気をつけたらよいのは、食べるときの組み合わせです。有名なもので言うと、キャベツに含まれる成分のひとつがアルコールを分解しやすくする効果があるというデータが有名です。アルコールを取る前と最中と後にキャベツを取ると良いです。

 

お酒のカロリーを覚えておくのもいいです。ビールはお茶碗一杯分のカロリーと同程度だそうです。ワインのカロリーはビールの半分程度です。焼酎、日本酒などは水割りやお湯割りがありますので、比較的カロリーは抑えられるでしょう。カクテルもビールと同じくカロリーが高いです。酒は飲んでも、飲まれるな!という言葉があるように、乾杯からお開きになるまで、食事などと組み合わせてグッと堪える所は堪えましょう。内臓にも優しく、身体にも優しくいることが、健康に繋がります。ちなみに内臓に不調が出ますと、腰や肩が痛くなるという兆候がありますので、どこが痛くなるのか知っておくと良いかもしれませんね。

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP