「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

気温が下がってお身体のしんどさを感じる方がいらっしゃるのではないでしょうか??そのしんどさの原因は寒さから来る血流の悪さであることが多いです。なぜ血流が悪くなるのでしょうか??

気温が下がってくると、体温が奪われてしまいます。その際に体温は心臓から離れた部分から奪われやすいです。例えば、手指や足先からです。末端が冷えてくると、だんだん腕やふくらはぎの方まで冷えが出てきます。そうなると、ふくらはぎの筋肉の動きが悪くなってしまいます。ふくらはぎは第二の心臓と言われていて、疲労の溜まった血液を心臓に押し戻す働きがあります。ふくらはぎの動きが悪くなることでこの疲労の溜まった血液がなかなか心臓に戻らないということは、新しい血液がお身体の末端に流れられないということですので、筋肉自体が回復できずにお身体の怠さとして症状を出すのです。当院の施術は筋肉の深い部分にまでアプローチをして、血液の流れを促進させる効果があります。お身体の回復力を高めるにはこういった外部からのしっかりとしたアプローチが効果的なのです。

もし、寒さがきつくなってきてからのお身体の不調が出てきているという方がいらっしゃいましたら、お気軽に須磨板宿整骨院にご相談下さい!!

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP