「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

身の周りで、脳卒中で倒れた方がいます。脳卒中になると身体の動きに制限が出てくるのですが、私の身内は加齢により血管が細くなり、血液の流れが弱くなることで脳卒中になってしまいました。脳がダメージを負った状態になりますので、身体の半身が動かなくなったり、言葉が発せなくなり入院生活を送っています。そのような状態で大変なのがベットに寝たきりになるため、褥瘡という身体に穴が開いたりするようなことが大変なのです。そのために身体を定期的に動かしたりして防ぎます。

私たちの身体は同じ姿勢でいることに問題があるわけですが、大概の場合じっと同じ姿勢で生活を続けています。座っている時、立っている時、身体に症状が出るための準備をしています。脳卒中になると、身体を自由に動かすことが出来なくなるので、そのような状態にならないように普段から気をつけておくと良いです。例えば、血管に負担が掛かりにくいようにする塩分を控えた食べ物、飲み物でも変わります。

ストレッチでも変わります。身体の中でも足につく筋肉は大きいですからそこをストレッチするのも良い方法です。当院では脳卒中になった後でも、動きの悪い筋肉を施術することが出来ます。

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP