「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

寒くなると水分補給の頻度と量が減っている方が多いように思います。汗をあまりかかないし喉もそんなに乾かないからとおっしゃる方が多いです。ですが実は冬は知らないうちに体の水分が減っている場合が多いのです。

人の発汗には不感蒸散という自覚のない発汗があります。実はこれだけでも結構な量の水分が身体から抜けているのです。冬は外に出ると寒いですが、呼吸をすると白い呼気が出ますよね?水分が蒸発している証拠です。これを呼吸性不感蒸散と言います。夏に比べると空気が乾燥していて肌がカサカサになりやすいですよね?これは皮膚から水分が蒸発している証拠です。これを皮膚性不感蒸散と言います。この二つの不感蒸散で大人であれば1日あたり約1リットルの水分が蒸発していると言われています。何もしていなくてもこれだけの水分が身体から抜けていると考えると、一日当たり相当な量の水分を補給しないといけないということが分かりますよね!水分が奪われると血液の粘度も高くなりますので疲れが溜まりやすくなります。また、これ以上水分を失いたくない!という反応が身体の中で起こるので水分を溜めこもうとしてしまいます。これにより身体のむくみも出やすくなります。それだけ水分不足が身体に悪影響だということですね。

なるべく血液の流れはよくしておいた方が筋肉の回復も早くなりますし、むくみなども少なくなります。当院では全身施術をさせてもらっていますので、全身の血流を促進させる効果があります。疲れやむくみでお困りの方は須磨板宿整骨院にご相談下さいね!!

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP