「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

未病の段階でケアをしていくのも良いと国の方でも推奨されています。

今、私たちが食べるものの多痛みがあると、日常生活の中でも無意識の間に身体を酷使し、痛めてしまうのでご自身で痛みを回復できないぐらいまでになると辛い症状が長引いてしまいます。病院でレントゲンを撮ってもらったり、痛み止めの薬を服用するように指示を受けたとしてもそのことで痛みがなくなるわけではありません。ですから痛みになる前に気をつけることが大切になりくが海外からの輸入に頼っているそうです。その理由に働き手が減ってきていることが上げられています。と同時に天候の悪さも影響しているのか、野菜などは昔に比べると栄養価も落ちているみたいです。ですから筋肉の伸縮する力も落ちてきています。よって身体の痛みになりやすいです。身体を構成するもので一番多いものは水分です。成人では60%が水分みたいだそうです。その水分が例えば泥水だったり、細菌に侵されたものだったりすると、怖いですよね。

ですからこれからの時代に大切なものは口に含むものだと考えています。健康寿命を延ばすことで長く働くことが出来る身体があればと思う日々を過ごしています。皆様も身体の痛みで困っている方はもちろん、そうでない場合も不健康になりたいという方以外は知恵をつけましょう。施術中も当院では身体の話もしっかり話します。病院のように静寂な場所ではありませんので、気軽にお尋ねくださいね。

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP