「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!!須磨板宿整骨院です!!みなさんは運動前後や、お身体がしんどい時にストレッチは行っていますか??今回は意外と知られていないストレッチの効果的なやり方をお伝えしたいなと思います!!

皆さんはストレッチをする際はどれくらいの強さで行いますか?「イタタタ…。」と思うくらい伸ばしていませんか?実は…ストレッチは痛いくらい伸ばしてしまうと逆効果になるのです!筋肉の中には筋紡錘というセンサーが入っています。このセンサーは筋肉が伸ばされ過ぎると「それ以上伸ばされると筋肉が切れる!!」と反応して、伸ばそうとしている筋肉を逆に収縮させてしまうのです。ではストレッチはどのくらいの強さで行うのが良いのでしょうか?筋肉を伸ばしていくと自然と止まるところがありますよね?それが今の筋肉が自然と伸びる事の出来る限界になります。そこからほんの少しだけゆっくりと伸ばして気持ちよく感じるくらいがちょうどいいです。これくらいであれば筋紡錘が伸ばされ過ぎることはありません。ここで働かせると効果的なものがあります。それは筋肉の中ではなく、腱の中に入っている腱紡錘(ゴルジ腱器官)というものです。この腱紡錘は伸ばされると逆に腱が切れるのを防ごうとするため、筋肉を弛緩させようとする働きがあります。

筋肉の筋紡錘を伸ばし過ぎてしまうと筋肉は収縮する。腱の腱紡錘をうまく伸ばすと筋肉は弛緩する。この働きをうまく利用して、筋肉を軽く伸ばしながらしっかりと腱を伸ばし、腱紡錘を働かせることで効率的なストレッチを行うことが出来ます。みなさんも無理なストレッチはせずに、効率的なストレッチを行いましょう!!

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP