「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!須磨板宿整骨院です!関西は遅い梅雨に入り湿度や気圧の不安定な気候が続いています。連日身体が重い、頭が痛むなどのお声を聞くようになりました。利用者さんの体調はもちろん、対応する私たちの体調の管理も大切だと感じる今日この頃です。

基本的に通常であれば骨の周りには筋肉が付いています。筋肉がないと関節が動きません。しかしこの筋肉が非常に少ない場所があります。それは、「スネ」の筋肉です。逆に「スネ」の後ろ側の「ふくらはぎ」は、非常に発達した筋肉があります。この理由として「かかと」部分にアキレス腱が付いていることがあります。つま先と足首の関節と「かかと」がテコの原理で動くことによってつま先で地面を蹴ることが出来ます。またその際大きな推進力を得るためにアキレス腱を引っ張るふくらはぎの筋肉は大きく発達したわけです。このため「スネ」と「ふくらはぎ」の筋肉のボリュームに大きな差が出来たわけですね。スネは守る筋肉が少ないためぶつけると非常に痛いなどデメリットもありますが地面からの衝撃を和らげるための「土踏まず=アーチ」を形作る役割もあり、決してケアを怠っても良い筋肉ではありません。

人間の身体には無駄な所は無いのですね。しっかり隅々までB&M背骨歪み整体で身体を整えていきましょう!

 

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP