「須磨板宿整骨院」で痛みや不調を根本改善

日に日に暑さが増し、汗ばんでくる季節になってきましたね。湿度と気温が高くなってきますと、熱中症になりやすくなるため喉が渇いてなくても水分補給はこまめに行ってくださいね。

本日は、みなさんもよく耳にするシビレについてのお話をします。弱い痛みがシビレとして感じると言われているようですが、実際のところシビレの実態は未だ解明されていません。しかし、シビレには種類がありますので今回はそのことについてお話していきます。

シビレは➀神経性 ➁血流性 ➂筋・筋膜性の3種類あります。➀神経性:これはよく耳にしますが、腰の神経が圧迫など何らかの原因により出すタイプです。このタイプのシビレは、同時に痛みもかなりきつく出て歩くのも困難になってしまいます。➁血流性:これは経験がある方がほとんどだと思いますが、正座など長時間圧迫を受けて虚血状態になると起こるタイプです。➂筋・筋膜性:かなり見逃されやすいタイプのシビレです。雑巾がけや重いものを長時間持つなど筋肉を使いすぎてパンパンになった時に起こります。よく神経性と勘違いされることがありますので見定めが重要です。

あまり知られていないシビレの種類についてお話しました。日常生活やお仕事など普段の何気なくしていることで起こりますので、このブログを読んで気になった方は須磨板宿整骨院へご相談ください。

須磨区で整体なら「須磨板宿整骨院」 PAGETOP